close
999lucky148 สมัครแทงหวย อัตราจ่ายสูง
close
999lucky148 เข้าแทงหวยออนไลน์
close
999lucky148 สมัครแทงหวย
ymo firecracker 原曲 Chicken Berry Salad, Propane Griddle For Camping, Amul Butter Rate, Occupational Safety And Health Standards Philippines 2019, Advantages Of Data Warehousing, Best Way To Water A Garden, Cheese Ball Recipe No Nuts, Best Arabic Immersion Programs, Raised Pond Ideas, Dyson Pure Cool Link Review, Find A Nurse Near Me, Rainbow Basketball Shoes Men, What Kind Of Needle For Hand Sewing Denim, Organizational Culture Pdf 2019, Jack Daniel's No 27 Gold, " />

ymo firecracker 原曲

999lucky148_เว็บหวยออนไลน์จ่ายจริง

ymo firecracker 原曲

  • by |
  • Comments off

[22], They were also the very first band to utilize the Roland TR-808 Rhythm Composer, one of the first and most influential programmable drum machines, as soon as it was released in 1980. SOLID STATE SURVIVOR 8. Yellow Magic Orchestra (YMO) is an influential Japanese electropop band, formed in 1978. The band was originally conceived as a one-off studio project by Hosono, the other two … firecracker - ymo (07/07/12) 7th July, 2012. Yellow Magic Orchestra (YMO) is an influential Japanese electropop band, formed in 1978. [45] Beyond electro acts, "Computer Game / Firecracker" was also sampled by a number of other later artists, including 2 Live Crew's "Mega-Mixx II" (1987),[73] De La Soul's "Funky Towel" (for the 1996 film Joe's Apartment),[95] Jennifer Lopez's worldwide hit "I'm Real" (2001), and the original unreleased version of Mariah Carey's "Loverboy" (2001). In August 2010, YMO once again closed their World Happiness festival. Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra] Album songs 1. 東風 4. YMOの1stはミックス違いのUS版と日本版の2種類があり、その2種類をパッケージしたのがこのCD。. COSMIC SURFIN' 2. [40] Not long after, a concert for June 27, 2011, at The Warfield was added. [30] Young fans of their music during this period became known as the "YMO Generation" (YMO世代, YMO Sedai). BEHIND THE MASK 9. 大人気の関連アイデア. [26] Despite the approval of songwriter Sakamoto and lyricist Chris Mosdell, it was eventually removed from the album due to legal issues with YMO's management. The band was originally conceived as a one-off studio project by Hosono, the other two members being recruited session musicians - the idea was to produce an album fusing orientalist exotica (cf their cover version of Martin Denny's Firecracker) with modern electronics. $7.95. ymo初期のミュージックビデオがyoutubeでアーカイブ公開。「firecracker」「technopolis」「rydeen」の3曲。いずれもhdリマスターで画質アップが図られ、オーディオはボブ・ラディックによる最新マスタリング音源を使用 全网搜 热搜榜 VIP. $7.98 . また、当時細野は本名ではなく「ハリー細野」と名乗っており、プロデューサー名のクレジットも「HARRY HOSONO」となっている。, 1978年7月10日より、STUDIO "A"にて本作のレコーディングが開始された。レコーディングには細野、坂本、高橋の他に松武、高中、橋本俊一が参加した[2]。細野は当初の構想であった「ファイアークラッカー」とドイツのシンセサイザー音楽を融合させる事を目的とし、さらに「イエロー・マジック・オーケストラ」という名称もこの時に名付ける事となった[2]。また、この時点ではあくまで「細野晴臣とイエロー・マジック・オーケストラ」という感覚であり、細野はバンドとしてではなく企画性の高いユニットと位置付けていた[2]。, 最初に録音された「ファイアー・クラッカー」はコンピュータを使用しない人力演奏でのバージョンであったが、単なるスタジオセッションのような仕上がりのためお蔵入りとなった[1]。その後冨田勲のアルバム『月の光』(1974年)を聴き感銘を受けた細野は冨田の下でマニピュレータをしていた松武秀樹と知り合い、松武はアルバム『コチンの月』に参加する事となった[1]。また冨田の音楽に触れた事を切っ掛けに、細野はそれまで興味の湧かなかったシンセサイザーに傾倒する事となり、この時期にコルグのPS-3100を購入している[1]。, 同時期にはアーケードゲーム『サーカス』(1977年)や『スペースインベーダー』(1978年)が登場し、喫茶店などに設置される事が多くなっていた[1]。また、映画においても『スター・ウォーズ』(1977年)や『未知との遭遇』(1977年)などが公開され、これらの影響がアルバム内に音として取り込まれる事となった[1]。しかし、村井には理解されずレコーディング中に「そんなのやめてこれ聴こうよ」と大村憲司のレコードを村井がかける場面もあったという[1]。, 8月15日には「インド」という仮タイトルの曲がレコーディングされるも、アルバムには未収録となった(後にPre-YMO名義で発表)。アルバム制作費は当時の一般的な制作費の倍に当たる800万円をかけていた[3]。, YMO結成以前の細野はオリジナル・サヴァンナ・バンド(英語版)の影響により『トロピカル・ダンディー』(1975年)や『泰安洋行』(1976年)などのアルバムを製作したが周囲の理解を得られず、当時流行していたディスコサウンドと融合する事で商業化できるでのはないかと画策する[4]。また、オーガスト・ダーネル(英語版)が「Dr.バザード」という変名を使用していた事に影響され、細野は「HARRY HOSONO(ハリー細野)」と日系2世を思わせる名義で活動する事となる[4]。さらに、当時の環境としてレコーディングが終わるとメンバーはディスコに行く事が多く、享楽的な部分から本作にディスコの要素が取り入られる事にもなった[4]。, その他にも、スライ&ザ・ファミリー・ストーンがリリースしたアルバム『フレッシュ』(1973年)に影響された細野は、エース電子工業から発売されていたエーストーン(英語版)のラテン音楽のようなリズムボックスを愛好するようになり、シンセサイザーよりもリズムボックスに強い興味を抱いていた[4]。その頃に街では喫茶店にアーケードゲームが配置されるようになり、喫茶店に入り浸ってゲームをプレイしていた細野は筐体から音を直録りして使用するつもりであったが断念し、あえてコルグのPS-3100を使用してゲームの音を再現する手法を取る事となった[4]。, 作曲に関しては細野は他の2人を優先し、間を埋めるような形で自身による作曲を行っていた[1]。細野によれば、「僕だけが熱狂してたわけじゃなくて、他の2人が僕以上に熱中していた」状態であり、特に高橋は本作のコンセプトに強い興味を抱いていたという[1]。細野は当初YMOをインストバンドにする予定であったが、高橋作曲による「中国女」で歌唱した事によってボーカルグループの可能性が出てきたという[1]。またこの曲でミニマル・ミュージックの要素を取り入れており、メンバーはそれを特に気に入っていたと細野は語り、また高橋作曲の曲は細野や坂本が後に肉付けする事になるため「いちばんYMOらしさが出る」とも語っている[1]。, 当初の発案として細野は当時「ミーコの『スター・ウォーズ』みたいなレコードを作りたい」と発言しており、その後レコーディングが開始されるとジョルジオ・モロダーやクラフトワークを意識するようになったという[4]。「東風」以降(LPレコードのB面)のノンストップ構成は、当時ディスコ向けメドレーアルバムをリリースしていた前述のミーコの影響によるものである。また、ジョルジオ・モロダーのアルバム『永遠の願い(英語版)』からも影響を受けたと細野はコメントしている[3]。またドラム・トラックはテープによるループでなく、高橋が全編にわたり演奏している。, 「東風」「中国女」「マッド・ピエロ」の名称は、ジャン=リュック・ゴダールの『ゴダール3部作』と称される映画タイトルから取られている[5][3](「マッド・ピエロ」は邦題「気狂いピエロ」)。映画には関係なく、ゴダール好きの坂本がタイトルを引用したもの[3]。, 1978年11月25日にアルファレコードからLPレコード、カセットテープの2形態でリリースされた。, また、1979年にアルファレコードがアメリカのA&Mレコードと契約。本アルバムをリミックスした『イエロー・マジック・オーケストラ (US版)』がホライズン・レーベルからリリースされる。アメリカでのリミックス版を「米国版」(またはUS版)、オリジナルを「日本版」と呼ぶこともある。アメリカのリミックスは、トミー・リュピーマの長年のコンビのエンジニア、アル・シュミットがキャピタル・スタジオで行っている。「日本版」「米国版」の他、解説などを省略した廉価版として両方が入った2枚1組のCDも発売されたことがある。, 1992年3月21日に初CD化され、その後は1994年6月29日にCDのみ再リリースされ、1998年1月15日には紙ジャケット仕様として再リリースされた。, 1999年9月22日には細野監修によるリマスタリングが施され、ライナーノーツを江口寿史が担当する形で東芝EMIより再リリースされた。, 2003年1月22日には坂本監修により紙ジャケット仕様にてソニー・ミュージックハウスより再リリース、音源は1999年の細野監修によるものが採用された。, 2010年9月29日にはブルースペックCDとして再リリースされ[6][7][8][9]、2018年11月28日にはSACDハイブリッドとして再リリースされた[10]。, ジャケットデザインは脇田愛二郎が担当した。本作がリリースされた頃にメンバーは髪型をテクノカットにしているが、これは小澤征爾が北京交響楽団の指揮をしている場面を見た事に影響されて始めたものである[1]。また本来メンバーとして想定していた横尾にも同じ髪型をして記者会見に来るよう依頼したが、横尾は「その日は足が向かなくて、家から出なかった」と述べ記者会見には現れず、結果としてYMOは3人でスタートする事となった[1]。, 本作リリース後にはライブツアーは開催されていない。単独のライブとしては10月25日、26日に坂本の『千のナイフ』発売記念ライブが六本木のピットインにて開催され、「坂本龍一&イエロー・マジック・オーケストラ」という名義で初ライブが行われた[2]。この時の参加メンバーは渡辺、矢野誠、高中、浜口、松武であった[2]。, 12月5日には新宿の紀伊國屋ホールにて開催されたアルファレコード主催のイベントライブ「フュージョン・フェスティバル」に出演し、本作の収録曲以外にもピンクレディの「ウォンテッド (指名手配)」(1977年)、坂本の「千のナイフ」、「プラスチック・バンブー」、「ビハインド・ザ・マスク」などが演奏された[2]。この時期に来日していたA&Mレコードのプロデューサーであったトミー・リピューマは、「私は、この音楽を世界に広めなければならない」と発言し、後に本作がアメリカ合衆国でリリースされる事となった[2]。, 恋は桃色 - 絹街道 - 北京ダック - 三国志メイン・テーマ - スーパーゼビウス - Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC - 銀河鉄道の夜, HOSONO HOUSE - トロピカル・ダンディー - 泰安洋行 - はらいそ - コチンの月 - フィルハーモニー - 花に水 - Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC - S・F・X - コインシデンタル・ミュージック - マーキュリック・ダンス - エンドレス・トーキング - オムニ・サイト・シーイング - メディスン・コンピレーション - グッド・スポーツ - ナーガ - 細野晴臣アーカイヴスVol.1 - HoSoNoVa - Heavenly Music - Vu Jà Dé - HOCHONO HOUSE, ベスト12 - アーリー細野晴臣 - The Best Instrumental Music Of Haruomi Hosono Calm - 決定版 細野晴臣ベスト・セレクション - ベスト15 - Harry Up Hosono - Hosono Haruomi Compiled By, HARUOMI HOSONO IN THE '90S - Mental Sports Mixes - JADO KEN ISHII - InDo - MIX FORM, ビデオ・ゲーム・ミュージック - 銀河鉄道の夜 - パラダイス・ビュー - 紫式部 源氏物語 - メゾン・ド・ヒミコ - EX MACHINA -エクスマキナ- - グーグーだって猫である, Hosono Box 1969-2000 - モナド・ボックス - HARRY HOSONO CROWN YEARS 1974-1977, エイプリル・フール - はっぴいえんど - キャラメル・ママ - ティン・パン・アレー - イエロー・マジック・オーケストラ - フレンズ・オブ・アース - ピチカート・ファイヴ - HIS - LOVE,PEACE&TRANCE - スウィング・スロー - HAT - ハリーとマック - Tin Pan - スケッチ・ショウ - ヒューマン・オーディオ・スポンジ - 東京シャイネス - ハリー・ホソノ&ワールドシャイネス - HASYMO, 細野正文 - 小坂忠 - 鈴木茂 - 松本隆 - 大瀧詠一 - 林立夫 - 松任谷正隆 - 松武秀樹 - 坂本龍一 - 高橋幸宏 - 福澤もろ - コシミハル - 戸川純 - ダン・ラックスマン, ノン・スタンダード - ナムコ - ゲームミュージック - テレックス - アルファレコード, 「POLYPHONICS」名義でシングルカットされている。『パシフィック』はCD化されている他、過去に出した7枚のYMOのライブ盤とレアトラックを収録した1枚の計8枚のCDを収納したbCD-BOX「L-R TRAX Live&Rare Tracks」のDisc 8に「パシフィックバージョン」として収められている, 2010年5月15日(土)放送USTREAM「YMOファーストアルバム大解剖」その1より, YMO、結成40周年を記念してアルファ期アルバム全10タイトルがアナログ&SACDハイブリッドで復活, YMO / イエロー・マジック・オーケストラ [紙ジャケット仕様][限定][廃盤], EUYMO -YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON+GIJON 2008-, LONDONYMO -YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON 15/6 08-, GIJONYMO -YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN GIJON 19/6 08-, Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC, The Best Instrumental Music Of Haruomi Hosono Calm, RED DIAMOND 〜Tribute to Yukihiro Takahashi〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イエロー・マジック・オーケストラ_(アルバム)&oldid=80644974, 音楽本『コンパクトYMO』にてライターの佐藤公稔は、「日本語ロック論争からこっち、細野側に付いていたリスナーを始め、ミカ・バンドやクロス・オーヴァー・サウンドを期待していた各メンバーのファンを『とうとうディスコに走ったか』と落胆させてしまう作品であった。アルファ・村井社長の『こんなのやめようよ』の発言も商売人からすれば当然のこと」とリリース当初の境遇はかなり否定的であった事を指摘しているが、「バンドの要素が抑えられ、企画性の高いユニットとしての側面が強く出されている」、「当時のディスコ作品と比較するまでもなくハイ・クオリティに仕上がっているし、演奏、アレンジともに"さすがはアノ3人"と思わせる内容である」と音楽性に関しては肯定的であり、「方向性が定まっていないため非常に"軟派"に聴こえるが、日本ロック史においては"事件"と成り得るアルバムであることに変わりはない」と画期的であった点を肯定的に評価した, 音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「テクニック重視のフュージョン・ブーム真っ只中の時代に、あえて機械に演奏させたのはやっぱり画期的, I'm Not In Love. They have briefly reunited several times in subsequent decades. … 我在看理想的第二个节目 「昭和歌谣——二战后的日本流行音乐」今日已经连载完毕,总共三十集。感谢各位的支持!应听众要求,把节目中播放过片段的歌曲开列如下(也增补了一些没有播的)。流播媒体时代,为每首歌… "[53], Their approach to sampling music was a precursor to the contemporary approach of constructing music by cutting fragments of sounds and looping them using computer technology. ", "Chris Mosdell, quirky Boulder lyricist, wrote lyrics for newly released Michael Jackson song", "Pioneering Production Economy in the '80s", "Q&A With Ryuichi Sakamoto: Pop Pioneer And Producer And Award-Winning Soundtrack Composer", "Big in Japan: Yellow Magic Orchestra & Cibo Matto | Hollywood Bowl Presented by LA Phil", "Sakamoto gently rallies the troops for No Nukes 2012 | The Japan Times Online", "Yellow Magic Orchestra on Kraftwerk and How to Write a Melody During a Cultural Revolution", "Turning Japanese: The Philosophy of Ryuichi Sakamoto", "It's Easy When You're Big In Japan: Yellow Magic Orchestra at The Hollywood Bowl", "The History Of Roland Part 1: 1930–1978", "Slaves to the rhythm: Kanye West is the latest to pay tribute to a classic drum machine", "Peter Stenshoel's Album of the Week: What, Me Worry? "Computer Games" in U.S. Jennifer Lope... Firecracker While their contemporaries in Düsseldorf, and later Detroit, were using synthesizer technology to create bleak dystopian music, YMO introduced a more "joyous and liberating" approach to electronic music. [46] Their alternative template for electronic pop was less minimalistic, made more varying use of synthesizer lines, introduced "fun-loving and breezy" sounds,[47] and placed a strong emphasis on melody[45] in contrast to Kraftwerk's statuesque "robot pop". Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra] Album songs 1. Kai Koh 11. [96] The band significantly affected Japanese pop music, which started becoming increasingly dominated by electronic and computer music due to YMO's influence. SOLID STATE SURVIVOR 10. BALLET 9. $9.97. Following an advertising deal with Fuji Cassette, the group sparked a boom in the popularity of electronic pop music, called "technopop" in Japan,[16][6] where they had an effect similar to that of the Beatles and Merseybeat in 1960s Britain. Much of the methods and techniques developed by both Tomita and Matsutake during the early 1970s would later be employed by Yellow Magic Orchestra. [81] "Computer Game" (1978) was later included in Carl Craig's compilation album Kings of Techno (2006). Improvisation 2. Shipped with USPS First Class Package. [66] As a result of such innovations, YMO were credited at the time for having "ushered in the age of the computer programmer as rock star. Yellow Magic Orchestra is the first official studio album by Japanese electronic music band Yellow Magic Orchestra, who were previously known as the Yellow Magic Band. One of the album's major singles, and one of the band's biggest international hits, was "Behind the Mask", which YMO had first produced in 1978 for a Seiko quartz wristwatch commercial,[25] and then for Solid State Survivor with lyrics penned by Chris Mosdell. 詳細... 保存したユーザー: Takuno Yamabuki. COMPUTER GAME “Theme From The Circus ” 2. Met zijn donkerpaars blad en gele bloemen is deze lysimachia "Firecracker" een opvallende in zijn soort. 01. prologue 02. pure jam 03. light in darkness 04. camouflage 05. stairs 06. neue tanz 07. happy end 08. music plans 09. cue 10. taiso 11. cosmic surfin' 12. epilogue. [16] Afrika Bambaataa's influential song "Planet Rock" was partly inspired by YMO. [11] The group leader Haruomi Hosono had been using an Ace Tone rhythm machine since early in his career in the early 1970s. Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) After Service Album songs 1. FIRECRACKER 3. $9.99. [16][50] According to The Vinyl District magazine, they also released the first album to feature mostly samples and loops (1981's Technodelic). 1080P蓝光画质. "[5] In 2001, Jason Ankeny of the Allmusic Guide to Electronica described YMO as "a seminal influence on contemporary electronic music – hugely popular both at home and abroad" and placed them "second only to Kraftwerk as innovators of today's electronic culture. [4] This resulted in the release of the tribute remix album Yellow Magic Orchestra: Hi-Tech/No Crime in 1993,[4] by leading ambient, house and techno musicians at the time, including The Orb, 808 State, and Orbital. Their first single under this name, "Rescue", was written for the film Appleseed EX Machina. オーケストラ テクノ ムジカ. [88][89] The "terse videogame-funk" sounds of YMO's "Computer Game" would have a strong influence on the emerging electro and hip hop genres. オーケストラ ピアノ イエロー. Recently performing live as Human Audio Sponge; Hosono, Sakamoto and Takahashi did a live performance together as Yellow Magic Orchestra for the Live Earth, Kyoto, event on July 7, 2007, which raised money and awareness of a "climate in crisis". [58], The band often utilized a wide variety of state-of-the-art electronic music equipment immediately as they were made available. CUE 12. At around the same time, the 1980 song "Riot in Lagos" by YMO member Sakamoto pioneered the beats and sounds of electro music. Yellow Magic Orchestra( YMO ) FIRECRACKER. 2016/10/02 - このピンは、mmmmm kabbageさんが見つけました。あなたも Pinterest で自分だけのピンを見つけて保存しましょう! [citation needed]. RYDEEN 8. Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) THE ICHIBAN YMO Album songs 1. [99], YMO also influenced many video game composers and significantly affected the sounds used in much of the chiptune and video game music produced during the 8-bit and 16-bit eras. Hosono invited both to work on his exotica-flavoured album Paraiso, which included electronic songs produced using various electronic equipment. YMO - Firecracker (Budokan 1980) music by Martin Denny "Yellow Magic Orchestra World Tour '80 From Tokio To Tokyo" Live at Budokan (Dec.27,1980) a.k.a. [66] In 1994, four video game composers employed at Namco, formed a parody band called "Oriental Magnetic Yellow" (OMY), producing parody cover versions of various YMO records, consisting of Shinji Hosoe as Haruomi Hosonoe, Nobuyoshi Sano as Ryuichi Sanomoto, Takayuki Aihara as Takayukihiro Aihara, and Hiroto Sasaki as Hideki Sasatake. [16], "Technopolis", a tribute to Tokyo as an electronic mecca that used the term "techno" in its title, foreshadowed concepts that Juan Atkins and Rick Davis would later have with Cybotron. Dade City Florida Glory-Be Orange Citrus Fruit Crate Label Art Print. "Rap Phenomena" from the album was an early attempt at electronic rap. La Femme Chinoise 5. WILD AMBITIONS 10. The Best Of Yukihiro Takahashi 1988, Turning The Pages Of Life ALFA Years 1981, Run After You Yukihiro Takahashi Live 1998, A Night in The Next Life-Perfect Premium Discs-, The Show vol.6 Yohji Yamamoto Collection Music. Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) After Service Album songs 1. [citation needed] Instead of traditional vocals, about half of it features field audio recordings and samples of authors and scientists reading their work. [77], The band has also been very influential in its homeland Japan, where they had become the most popular group during the late 1970s and 1980s. [16] Their albums Solid State Survivor and X∞Multiplies held the top two spots on the Oricon charts for seven consecutive weeks in 1980, making YMO the only band in Japanese chart history to achieve this feat. ymo「firecracker」(no nukes 2012) [音楽] ymo live at no nukes 2012 track.1「firecracker」 [55] The pace at which the band's music evolved has been acknowledged by critics. The most popular international hit from the album was "Firecracker", which would be released as a single the following year and again as "Computer Game", which became a success in the United States and Europe. In August 2007, the band once again reformed, taking the name HASYMO or HAS/YMO, combining the names of Human Audio Sponge and Yellow Magic Orchestra. In August 2009, the band played the World Happiness festival in Japan, featuring many Japanese artists. According to Sakamoto, they were "tired" of Japanese musicians imitating Western and American music at the time and so they wanted to "make something very original from Japan. [4] The group is considered influential and innovative in the field of popular electronic music. The popular anime series Dragon Ball Z also paid homage to the band with the song "Solid State Scouter" as the theme song of the 1990 TV special Dragon Ball Z: Bardock – The Father of Goku. [29] They influenced many early British synthpop acts, including Ultravox, John Foxx, Gary Numan, Duran Duran,[16] Depeche Mode,[4] Camouflage,[4][85] OMD, The Human League,[45] Visage,[86] and Art of Noise,[87] as well as American rock musicians such as Todd Rundgren. shipping: + $3.90 shipping . [37] The band's use of oriental musical scales and video game sounds has continued to be an influence on 21st-century electronica acts such as Dizzee Rascal, Kieran Hebden,[16] and Ikonika. 创作中心. [93], YMO's use of video game sounds and bleeps also had a particularly big influence on 1980s hip hop[94] and pop music. Yellow Magic Orchestra( YMO ) FIRECRACKER. It featured English lyrics by Chris Mosdell, whose sci-fi themes often depicted a human condition alienated by dystopic futures, much like the emerging cyberpunk movement in fiction at that time. Their first live album Public Pressure set a record in Japan, topping the charts and selling 250,000 copies within two weeks, while their next studio album X∞Multiplies had 200,000 pre-orders before release. YMO was initially conceived by Hosono as a one-off exploration of computerized exotica and parody of Western conceptions of the orient. 立即体验. FOCUS 8. [24] Following the release of the album Yellow Magic Orchestra, a live date at the Roppongi Pit Inn was seen by executives of A&M Records of the USA who were in the process of setting up a partnership deal with Alfa Records. [83] The music YMO produced during their comeback in the early 1990s also played an instrumental role in the techno and acid house movements towards the end of the 20th century. Taiso 13. Although the primary YMO members (Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono, and Ryuichi Sakamoto) are effectively known as HASYMO and played both these concerts, these concerts were billed simply as "YMO" but featured only 4 YMO songs in each concert while the rest of the concert featured Sketch Show, HASYMO music and member's solo works. After the release of their musical motion picture Propaganda, the three members had returned to their solo careers. The band was named "Harry Hosono and the Yellow Magic Band" as a satire of Japan's obsession with black magic at the time,[16] and in late 1977 they began recording Paraiso, which was released in 1978. Making abundant use of new synthesizers, samplers, sequencers, drum machines, computers and digital recording technology as it became available, as well as utilizing cyberpunk-ish lyrics sung mostly in English, they extended their popularity and influence beyond Japan. [49] YMO were one of the most important acts in Japan's "New Music" movement and paved the way for the emergence of contemporary J-pop in the 1980s. [citation needed] Legendary English guitarist Bill Nelson, who had disbanded Be-Bop Deluxe and Red Noise to more recently explore Electropop himself, likewise played on YMO's Naughty Boys (1983), its non-vocals variant Naughty Boys Instrumental (1984) and subsequent solo Yukihiro Takahashi projects, before featuring the latter on two of Nelson's own UK based releases. RYDEEN 8. [35], The band had paused their group activities by 1984. "[45] Kraftwerk was particularly an influence on Sakamoto, who heard the band in the mid-1970s and later introduced them to his fellow band members. [27] Jackson's version was never released until his first posthumous album, Michael, though his additional lyrics were included in later cover versions of the song by Greg Phillinganes, Eric Clapton, and Ryuichi Sakamoto himself in his 1986 solo release Media Bahn Live. HMV LOHACO店 ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!2011年8月5日にNHKのスタジオで公開収録されたYELLOW MAGIC ORCHESTRAのライヴ&トークをパッケージ。「Behind The Mask」「Rydeen」などの代表曲を披露するほか、3人の近況や結成秘話を語り尽くす。(CDジャーナル データベースより) Tポイントが使える、貯まる。LOHACOはアスクル個人向け日用品ショッピングサイトです。 SOLID STATE SURVIVOR 10. They released the surprise global hit "Computer Game" in 1978, reaching the UK Top 20 and selling 400,000 copies in the US. [22] Electric instruments were also used, the Fender Rhodes piano and Fender Jazz Bass. The three members were veterans of the music industry before coming together as YMO, and were inspired by eclectic sources, including the electronic music of Isao Tomita and Kraftwerk, Japanese traditional music, arcade games, funk music, and the disco productions of Giorgio Moroder. 三倍流畅播放. [71] They also influenced the New Romantic movement,[71][failed verification] including British bands Duran Duran[16] and Japan, whose member Steve Jansen was influenced by drummer Takahashi,[72] while lead member David Sylvian was influenced by Sakamoto, who would later collaborate with Sylvian.[72]. Meanwhile, Sakamoto would gain international success for his work as a solo artist, actor, and film composer,[36] winning Grammy, Oscar and Golden Globe awards. [100], 1978–1983: National and international success, 2002–present: Post-breakup and reformation, YMO – Rydeen 2 (2003 television interview), Tokyo National University of Fine Arts and Music, Learn how and when to remove this template message, Dragon Ball Z: Bardock – The Father of Goku, "Sakamoto hears music's sounds, not its styles", "Back to the future: Yellow Magic Orchestra helped usher in electronica – and they may just have invented hip-hop, too", Harry Hosono And The Yellow Magic Band – Paraiso, Ryuichi Sakamoto – Thousand Knives Of (CD), "Yellow Magic Orchestra: The Pre-MIDI Technology Behind Their Anthems", Yellow Magic Orchestra – Yellow Magic Orchestra, "Artists and producers strive for inroads overseas", "Behind the Mask – Michael Jackson's rarest recording? Yellow Magic Orchestra (YMO) is a Japanese electronic music band formed in Tokyo in 1978 by Haruomi Hosono (bass, keyboards, vocals), Yukihiro Takahashi (drums, lead vocals) and Ryuichi Sakamoto (keyboards, vocals). 看过. [citation needed], The band's 1978 self-titled album Yellow Magic Orchestra was successful and the studio project grew into a fully fledged touring band and career for its three members. The group is considered influential and innovative in the field of popular electronic music. Propagand 2. See Through 13. YMO "Firecracker "Computer Gameを見る - DailymotionでGO-GO-STALINを視聴 [91] The song was also later included in Playgroup's compilation album Kings of Electro (2007), alongside later electro classics such as Hashim's "Al-Nafyish" (1983). [59][60][61] It also introduced features such as a keypad to enter note information and 16 KB of RAM which allowed a maximum sequence length of 5200 notes, a huge step forward from the 8–16 step sequencers of the era. 腾讯视频 . RYDEEN 6. [28], Yellow Magic Orchestra released one-off reunion album, Technodon, and credited it to 'NOT YMO' (YMO crossed out with a calligraphy X) or YMO in 1993. COMPUTER GAME “Theme From The Circus ” 2. TECHNOPOLIS 6. SOLID STATE SURVIVOR 5. Behind The Mask Previous Page Mojim.com Mojim Lyrics: Yellow Magic Orchestra( YMO ) THE ICHIBAN YMO Album songs 1. 1000 KNIVES 11. Yellow magic orchestra-firecracker. They were careful to avoid saying they had "split up", preferring to use the Japanese phrase meaning "spreading out" (散開, sankai), and the trio continued to play on each other's recordings and made guest appearances at live shows. [45] They were impressed with Kraftwerk's "very formalized" style but wanted to avoid imitating their "very German" approach. [citation needed] Solid State Survivor included several early computerized synth rock songs,[6][28] including a mechanized cover version of "Day Tripper" by the Beatles. shipping: + $3.50 shipping . [4][5] They were pioneers in their use of synthesizers, samplers, sequencers, drum machines, computers, and digital recording technology,[4][6][7] and effectively anticipated the "electropop boom" of the 1980s. [54] Their 1978 hit "Computer Game / Firecracker", for example, sampled Martin Denny's 1959 exotica melody "Firecracker"[16] and arcade game sounds from Space Invaders and Circus. Euphonium, episode 5, the song "Rydeen" is played by Kitauji highschool's orchestra. [45], Technodelic (1981) was produced using the LMD-649, a PCM digital sampler that Toshiba-EMI sound engineer Kenji Murata custom-built for YMO. FOCUS 8. 『イエロー・マジック・オーケストラ』 (YELLOW MAGIC ORCHESTRA) は、YMOのデビューアルバム[注釈 1]。1978年11月25日にアルファレコードからリリースされた。, 作詞はクリス・モスデル、作曲は細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一および3人の共作となっている他、マーティン・デニーの曲「ファイアー・クラッカー」のカバーを収録、プロデューサーは細野が担当している。後にアメリカ合衆国にてリミックス版がA&Mレコードよりリリースされたが、その際に「アクロバット」が削除されている。, 日本国内では本作からのシングルカットはされていないが、イギリスでは「Yellow Magic (Tong Poo)」、「La Femme Chinoise」、アメリカ合衆国では「Computer Game」、「Cosmic Surfin'」がそれぞれシングルカットされた。, 2005年1月26日にといぼっくすがアコースティック楽器で本アルバムを完全カバーしたアルバム『アコースティックYMO』をリリース。「シムーン」と「マッド・ピエロ」ではヴォーカルに細野が参加。「コンピューター・ゲーム」の電子音までも生楽器で再現している。, 1977年に村井邦彦と共に温泉旅行に行った細野は、村井からプロデューサーとして契約する事を打診され、その場で快諾しクラウンレコードからアルファレコードへと移籍する事となった[1]。その後、細野プロデュースの下でドラマーの林立夫、歌手のMANNAと共にティン・パン・アレーの曲「イエロー・マジック・カーニバル」をカバーする予定であったが破談となる[1]。さらに、移籍第一弾としてリンダ・キャリエールのアルバム製作を手掛けたものの、そのアルバムは発売中止となった[2]。そのため、その後に手掛けたアルバム『はらいそ』(1978年)が移籍後の初作品となった[2]。この時点ですでに「イエロー・マジック構想」は存在し、細野は林、佐藤博と共にマーティン・デニーの「ファイアー・クラッカー」をディスコアレンジでカバーするという予定であったがこれも実現しなかった[1]。その後、『はらいそ』の収録曲「ファム・ファタール」のレコーディング時に細野は高橋、坂本と初顔合わせとなり、偶然に近い形で坂本と高橋がメンバーとして選ばれる事となった[2]。また、一部では当時のマネージャーであった日笠雅子の占いによってこの2人に決定したという噂も存在した[2]。, 1978年2月19日、細野は自宅に坂本と高橋を呼び、2人に焼きおにぎりを振る舞った上にYMOに関するプランを描いたノートを提示した[2]。YMOに関するプランとは「外人から見た、誤解された東洋イメージ」をテーマとし、戦略としては「マーティン・デニーのエキゾチック・サウンドをジョルジオ・モロダー風のエレクトリック・ディスコ的なアレンジで行う」というものであった[2]。また、この細野のノートには、「『ファイアークラッカー』をアメリカで発売し、売り上げ目標400万枚!」とイラストと共に記されていた[2]。, 4月に細野は横尾忠則と共にインドへと旅行した後、アルバム『コチンの月』(1978年)の制作準備を開始、同アルバムには坂本、高橋の他にコンピュータ・プログラマーとして松武秀樹が参加[2]。4月10日には坂本のデビューアルバム『千のナイフ』(1978年)のレコーディングが開始され、同アルバムには細野、渡辺香津美、高橋悠治、ペッカー、山下達郎などが参加した他、坂本がジャケットで着用している服のコーディネーターとして高橋が参加[2]。5月には高橋のソロアルバム『サラヴァ!』(1978年)のレコーディングが開始され、細野、坂本、加藤和彦、高中正義、大村憲司、鈴木茂が参加[2]。6月21日には細野が参加した企画アルバム『PACIFIC』(1978年)がリリースされ、収録曲の内の「コズミック・サーフィン」では坂本、高橋、浜口茂外也が参加した[2]。, 細野晴臣によるプロデュースで、坂本龍一と高橋幸宏と3人で楽曲を提供した。このとき高橋は作曲経験が浅かったため、坂本から作曲の方法を聞いたり、鼻歌を坂本が書き留めて譜面化するなどしていたという。 [53] Sakamoto has expressed that his "concept when making music is that there is no border between music and noise. マライア・キャリー(Mariah Carey)は、YMO「Firecracker」をサンプリングした「Loverboy (Firecracker Original Version)」(2001年)を含んだ新しいコンピレーションアルバム『The Rarities』をストリーミング配信開始。SpotifyやApple Musicなどで聴けます Shipped with USPS First Class Package.only ship to lower 48.will combine shipping. [75] In 2006, Senor Coconut paid tribute to the band with his Yellow Fever! これって民族音楽だったんですね。 (正確には民族音楽をモチーフにしたエキゾチカというジャンルらしいです。) 下の動画では YMO - Firecracker が生まれる経緯が 語られています。 ④グルーブのないリズムの追求. 他の回答も見る. [48], The band also drew from a wider range of influences than had been employed by Kraftwerk. [20] Thousand Knives was also notable for its early use of the microprocessor-based Roland MC-8 Microcomposer music sequencer, with Matsutake as its music programmer for the album. firecracker label. Sep 23, 2012 - Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. BEHIND THE MASK 4. The early 2000s saw Hosono and Takahashi reunited in a project called Sketch Show. [43] YMO also headlined their World Happiness festival on August 12, 2012.[44]. SIMOON 4. 1080P蓝光画质. 下载客户端. Q 洋楽の女性歌手の名前と曲名を知りたいです。 こんにちは。 YouTube動画の、作業用BGMの中の一曲について、歌手名と曲名を知りたいのですが、どなたかご存じないでしょうか? 動画の題名は、【作業用BGM】美声に泣ける、癒される洋楽メドレー[超高音質] で、投稿者は、『Akiko Haru BGM そして YMO - Firecracker の元ネタはこちら Martin Denny - Firecrackers. [13][14] Also around the same time, the band's future "fourth member" Hideki Matsutake was the assistant for the internationally successful electronic musician Isao Tomita. [24] Yellow Magic Orchestra was also the first computer-themed music album, coming before Kraftwerk's Computer World (1981) by several years. Tong Poo 4. [6] The same year, their albums Solid State Survivor and X∞Multiplies held the top two spots on the Oricon charts for seven consecutive weeks, making YMO the only band in Japanese chart history to achieve this feat. JINGLE “Y.M.O… ONGAKU 7. by 野上眞宏 1970. Last one . [6] The single "Computer Game" had sold 400,000 copies in the United States[6] and reached No. Watch YMO - Firecracker - 103clips on Dailymotion.

Chicken Berry Salad, Propane Griddle For Camping, Amul Butter Rate, Occupational Safety And Health Standards Philippines 2019, Advantages Of Data Warehousing, Best Way To Water A Garden, Cheese Ball Recipe No Nuts, Best Arabic Immersion Programs, Raised Pond Ideas, Dyson Pure Cool Link Review, Find A Nurse Near Me, Rainbow Basketball Shoes Men, What Kind Of Needle For Hand Sewing Denim, Organizational Culture Pdf 2019, Jack Daniel's No 27 Gold,

About Post Author

register999lucky148_สมัครแทงหวยออนไลน์